Now Playing Tracks

明治期までの日本人が、今と比べればとてつもない体力を持っていたということは、当時日本を訪れた外国人の残した多くの文献に記されている。今回はその中の幾つかを紹介してみたい。
 まずは、ドイツ帝国の医師・ベルツの手による「ベルツの日記」から。
 エルヴィン・フォン・ベルツ(1849~1913)はドイツ生まれ。ライプツィヒ大学で内科を修めた後、27の歳に明治政府によって招聘され、以後29年間日本に滞在する。幕末から明治にかけて日本が「殖産興業」を目的に先進技術や学問・制度を輸入するために雇用した、いわゆる「お雇い外国人」の一人だった。東京医学校(後の東京大学医学部)において医学や栄養学を教授し、滞在中日本人女性(花子)を妻に娶っている。
 そのベルツが、ある日東京から110km離れた日光に旅行をした。当時のこととて道中馬を6回乗り替え、14時間かけやっと辿り着いたという。しかし二度目に行った際は人力車を使ったのだが、なんと前回よりたった30分余分にかかった(14時間半)だけで着いてしまった。しかもその間は一人の車夫が交替なしに車を引き続けたのだった。
 普通に考えれば、人間より馬の方が体力があるし格段に速いはずなのだが、これではまるで逆である。この体力はいったいどこから来るのだろう。ベルツは驚いて車夫にその食事を確認したところ、「玄米のおにぎりと梅干し、味噌大根の千切りと沢庵」という答えだった。聞けば平素の食事も、米・麦・粟・ジャガイモなどの典型的な低タンパク・低脂肪食。もちろん肉など食べない。彼からみれば相当の粗食だった。
 そこでベルツは、この車夫にドイツの進んだ栄養学を適用すればきっとより一層の力が出るだろう、ついでながらその成果を比較検証してみたいと、次のような実験を試みた。「ベルツの実験」である。

 22歳と25歳の車夫を2人雇い、1人に従来どおりのおにぎりの食事、他の1人に肉の食事を摂らせて、毎日80kgの荷物を積み、40kmの道のりを走らせた。
 然るところ肉料理を与えた車夫は疲労が次第に募って走れなくなり、3日で「どうか普段の食事に戻してほしい」と懇願してきた。そこで仕方なく元の食事に戻したところ、また走れるようになった。一方、おにぎりの方はそのまま3週間も走り続けることができた。

 当時の人力車夫は、一日に50km走るのは普通だったという。ベルツの思惑は見事に外れたのだった。彼はドイツの栄養学が日本人にはまったくあてはまらず、日本人には日本食がよいという事を確信せざるをえなかった。また彼は日本人女性についても「女性においては、こんなに母乳が出る民族は見たことがない」とももらしている。それらの結果、帰国後はかえってドイツ国民に菜食を訴えたほどだったという。 
 西欧人から見れば粗食と見える日本の伝統食が、実は身体壮健な日本人を育てる源泉だったという証左は枚挙にいとまがない。例えばフランシスコ・ザビエルは1549年(天文18年)に、「彼らは時々魚を食膳に供し米や麦も食べるが少量である。ただし野菜や山菜は豊富だ。それでいてこの国の人達は不思議なほど達者であり、まれに高齢に達するものも多数いる」と書き残している。
日本人の体力 - アグリコ日記 (via fukuinorisuke)

volnay007:

【私が朝鮮に行った当初から、日本人と朝鮮人は「内鮮一体」として扱われ、私は朝鮮人の上司の下で働き、時に朝鮮人を部下に使いました。当然のことながら、お互いに民族の違いは意識しておりましたが、それ以外のことは何ら変わりがありません。日本の朝鮮統治というのは、欧米の植民地とは根本的に違います。
 現代の人が今の価値観で空論を弄んでも、それは当時の実態と大きく異なります。戦後の教育なり、思い込みがあって私の話が信じられないという人の為に次の章以降で朝鮮人達との思い出や總督府の行政解説をします。】

●役所の中では、基本的に日本語で話していたが、朝鮮人同士は日本語か朝鮮語。自然なことだから、誰かが何か言うこともなかった。「朝鮮語を使うな」なんて言うこともなかった。

道庁内で天皇陛下の御真影が飾ってあるということはなかった。国旗掲揚や国歌斉唱もなかった。皇民化政策について勘違いしている方が多い。日本人も朝鮮人も皇民だった。皇民化とは日本と朝鮮の格差や差別をなくすためのものだったと思う。

●「内鮮一体」ということは過去には差別があったということでもある。それを否定するつもりはない。しかし、差別を日本人は無くそう、朝鮮人も同じ権利にしようと努力していた。この努力を日本人は懸命にしていた事実を知ってほしい。

●徴用は強制だったが内地の日本人と同じ。朝鮮では徴用されても行かなかった人もいた。私の前の担当者は割り当ての人数を集められなかった。私は割り当て人数分を集めた。「こういう徴用をするのでどうか協力してください」と、面長(村長)や関係者にきちんと説明をして、本人にも納得するように説明してもらった。きちんと、日本に行って、日本人と同じ仕事をして、賃金もきちんと貰えると、係官に説明してもらった。

●創氏改名や徴用などは總督府の正式な行政手続きを踏んだもの。創氏改名は強制ではない。強制ならば總督府からの指令があったはず。總督府は「創氏改名は自由である」とはっきり言っていた。道庁の朝鮮人官吏でも創氏改名しない人は沢山いた。半数以上はそうだった。もし命令があったなら、朝鮮人官吏は真っ先に改名しなければならなかったはず。

●こうした總督府の組織、命令系統を理解した上で言えば、慰安婦連行を行政機関が命令させたということは、絶対ない。不可能なこと。女衒(ぜげん)は朝鮮人がやっていた。どこに娘がいて、どこに売るかとなれば、朝鮮人でなければできない。日本人がいきなり行って、言葉も土地もよく知らぬままではできない。

朝鮮軍司令部も、女性がどこにいるのかなど分からないから、もしも集めようなどということがあったら、徴用のように、道→郡、郡→面(村)へと集めてほしいという依頼があったはずだが、そんなことはなかった。もしそんなことを公的機関がしていたら、絶対に文書で残っているはず。もし、個人が無理にやったら捕まる。道の役所や警察にも朝鮮人がたくさんいるし、知事や私の上司の多くは朝鮮人だった。

●ただ単に禿山の管理とか、鉱山の監督をしていたのなら分からないが、内務課長として一般の行政をしていたから、日本の官吏(朝鮮人官吏も合わせて)が、売春婦を強制的に連れて行ったということは「ない」と、自信をもって言える。

●軍隊もそういうことはしていなかったのが分かる。統制の取れた厳しい組織で、戦場ではない日常の朝鮮で、しかも官吏や警察に多くの朝鮮人がいる中で、勝手に連れて行こうとしても不可能。

【私が朝鮮に渡っていた12年間は朝鮮人と日本人は協力し合っていました。それは、何もかもが同じだったとは言いません。しかし、日本人達は差別をなくそう、不満が出ないようにしよう、と注意を払っていたのです。この縁故林の話も今では誰も知らないのではと思います。】

【日本の統治は悪いことをしていません。搾取というならこの縁故林の話をどう思いますか。私は朝鮮人の部下として働き、差別なく、僅かな縁故でも調査していたのです。もしあるなら、例を挙げて言ってほしいものです。】

「併合時代の朝鮮は、今の日本や韓国などの平穏な国と何も変わらない」
「普通の日常がそこにあっただけ」

頭の中を整理してほしいのは、当時の朝鮮は「戦場ではない」ということです。当たり前ですが、戦場ではないので非日常的なことは起きませんし、あった場合は警察官が駆けつけます。今となんら変わらないのです。
 しかも、この行政システムの警察の中には朝鮮人が多く、行政のトップの知事も朝鮮人が多数任命されていたというのが実態です。】

ぼやきくっくり:日本人と朝鮮人はとても仲が良かった!「朝鮮總督府官吏 最後の証言」より

京大と日立のコラボだ

これは地味だが巨大な発明である。写真、磁気、紙ともにそんなに持たず、どんどん劣化する。デジタル化の技術では文明が、図書館を維持するほどの安定性を失い、危機に陥った時、学問資産が消えるだろうと予想されている。

文明の再建には情報の保存が必要。今までの文明はここが怪しかったのです。だから何度も忘れられ、再発見された。

デジタル化は検索能力の飛躍で、世界を変えた。ものすごい勢いで科学技術が驀進中だ。しかしアキレス腱があり、それが記憶媒体の寿命だった。

それを解決したのです。

開始>

石英ガラスの内部にCD並み容量のデジタルデータを
記録・再生する技術を開発


数億年のデータ保存に耐えるデジタルアーカイブを実現
デジタル記録の寿命問題が日立によって解決された | 日本の独立を目指して (via fukuinorisuke)

フリーのカメラマンやってるんだが、市の依頼で夏休みのキャンプ場の撮影の仕事があった。
キャンプ場に行き、広く見渡せる小高い所にある屋根付きのベンチで
必要なカットの確認とカメラの準備をしていたら
小学5~6年の男の子がジーッとこちらを見ていた。

カメラに興味があるのかな?と思い、試し撮りをやっていた時に
「撮ってみる?」と話しかけるとニコニコしながらうんうんと頷いた。
ピントのあわせ方とシャッターくらいしか教えてないけど、綺麗な写真が撮れていた。

それから撮影をやってその日は帰ったんだが、数日後にキャンプ場の管理室に数枚の写真を届けに行き、
隣接している小さい店でところてんを食べていたら肩を叩かれ、振り向くとあの時の子がいた。
偶然だけど、その子が撮ったあの時の写真も印刷していて車の中にあったからそれをその子に渡した。

その子がお店の女性とカウンター越しに何やら話しているんだけど、
それは手話だったので俺には分からなかった。
すぐにその女性がやってきて感謝された。その子の母親だったらしい。

その子が母親経由(手話)で俺に「今日もカメラあるの?」と聞いてきたので、
「あるよー。またその辺を撮りにいく?」と聴くと満面の笑みでうんうんと頷いた。

それからいろんな所を撮り回って、当然だけど最初はその子が何を言おうとしているのかは
分からなかった。でも徐々になんとなく聞き取れるようになってきた。
しっかり聞こうとすれば分かるもんだなー、と思っていたらそうじゃなかった。

その子がだんだんと上手に発音できるようになってきていたみたいで。
普通、とまではいかないが難なくいろんな会話が出来て、色んな写真を撮りまたお店に戻った。
そこでも撮った写真を見ながらまた話をしていたら、母親がやってきて号泣。
母親も喋っているその子に驚いたらしくて、握手までされての大号泣。

少しだけ話を聞いたんだけど、俺はてっきり先天性のものかと思っていたから俺も驚いた。
2年くらい前から突然喋らなくなったんだと。

更に昨日、その子から電話がかかってきた。(母親に名刺を渡していたので)
あの時撮った写真が夏休みの作品で賞をとったらしく、地元誌に掲載されていた。
その報告は電話越しでもはっきりと分かったので、めちゃくちゃ嬉しかった。
人生何が起きるかわからんなーと思った。

カメラに興味があるのかな?:ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS 2nd (via twinleaves)


1: ゆっくり呼吸する


呼吸のサイクルを1分につき4回から6回にまで下げて、1回の呼吸を10秒から15秒かけて行う。こうすることで前頭前野の動きが活発になり、体はセルフコントロールモードに入ります。たったの数分間ゆっくりとした呼吸を行うだけで、意志の力が活発になります。


2: 血糖値を上げる


意志の力の急点火が必要なら、チョコレートをひとつまみ食べるか、砂糖の入った飲み物を飲みます。南ダコタ大学で行われた研究では、脳が血糖値の上昇を感じ取ると、エネルギーが十分補給されたと察知し、自制というエネルギーを大量消費するタスクの方にエネルギーをまわそうとするそうです。


3: 自然の中を歩く


わずか5分でも外の空気を吸って緑の中を歩くことで、ストレスを減らして意志力を高めることができます。


4: ロールモデルをイメージする


脳内のミラー効果を活用します。頭の中で意志の力の強い人のことを考え、その人が今の状況でどのような行動をとるか想像してみます。自然とあなたの中に意志の力が湧いてくるでしょう。


5: 軽く昼寝をする


わずかな睡眠不足でも、わずかな酒気帯びと同じような効果があることが研究によってわかっています。意志の力が必要な時に酒気帯びというわけにはいかないですよね。ちょっと昼寝をするか、自制力が要る日の前夜は少し早めに寝ましょう。


6: エクササイズ


15分間ルームランナーでエクササイズするだけで、欲望をおさえ、「闘うか逃げるか」反応のストレス状態から脱することができます。エクササイズは処方薬のプロザックのように抗うつ効果があり、意志の力が必要な時に脳を「止まって考えろ」の状態にし、脳を鎮めてくれます。


7: 瞑想


瞑想の力を借りるのに、なにもチベットで仏教の修行を積む必要はありません。3時間瞑想するだけで、注意力と自制力が増したという研究結果もあります。11時間後には脳に有効な変化が見つかったと研究者は言っています。


8: 受け入れること


自分を痛めつけるのはやめましょう。欲望を抑え込むことは逆にそれに火をつけることになります。それで意志の力を使い果たし、最後にはやるべきではなかったことをしてしまって終わるでしょう。そうならないように、欲望を受け入れ、それに反応しないことで欲望が通り過ぎるか消えてなくなるのを想像してみてください。


9: 自動運転装置を切る


心理学者によると、私たちの決断のほどんとが無意識的におこなわれています。スタンフォード経営大学院でマーケティングの指導を行っているババシヴ教授によると、気が散った人は誘惑に負けがちだそうです。そのため、毎日自分が行う決断をひとつひとつ追ってみるように勧めています。


10: 早起きは三文の徳


意志の力は1日の始めに最も強くなります。フロリダ大学の心理学者のロイバウメイスター氏によると、自制力は朝が一番強く、時間がすすむにつれて徐々に弱まってくるそうです。この教訓を生かして早起きに徹し、重要な決断は優先的にやってみましょう。

自分との戦いに打ち勝とう。意志の力を高める10のコツ | ライフハッカー[日本版] (via darylfranz)
We make Tumblr themes